歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レントゲンは怖くない

   歯医者さんに行くと、始めにお口の中全体を写すレントゲンを撮影を
   します。治療中にも何枚か小さなレントゲンを撮った経験があると思
   います。
   心配なのがその被ばく量だと思います。
   

   放射線の被ばく量を測るのに、Sv(シーベルト)という単位を用い
   ます。


   放射線は、空気中に漂っている物質です。
   ですから私達は普段から放射線を自然に浴びているのです。
   自然に浴びている放射線の量の世界の平均は、
   1年間に約2.4ミリSvです。
   日本では、もっと少ないと言われていますが、
   1年間に約1~1.4ミリSv位です。
  
   これに対して、歯科で使うレントゲンの被ばく量は、
   お口全体を写す大きなもので約0.04ミリSv。
   小さいものでは約0.016~0.039ミリSvです。

   撮影時に鉛の入った重たい防御エプロンをつけるので、実際には
   この値よりもずっと少ない量(1/100程度)になるので、安全性は
   高いと言えます。
    防御エプロンをつけることで、生殖器や甲状腺を守ります。

   妊婦さんや、授乳中のお母さん方は、放射線の影響があるのでは
   と、特に心配する事と思いますが、お腹の赤ちゃんや母乳に影響
   がでるには、一度に何百枚もの数を撮影しなくてはなりません。
         
   レントゲンは、虫歯の大きさ、神経の太さ、歯の根の形態や病気の
   有無などの、歯の状態はもちろん、歯を支える骨の状態も把握する
   ために必要な資料です。きちんと撮影しておく事で、間違いのない
   診察を受けることが出来ます。
スポンサーサイト

| レントゲンは怖くない | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。