歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1歳ごろまで

                                    

     018079.jpg
                   

子供は大人のまねをしたがるので、まだ歯が生える前から、お母さんが歯を磨く所を見せていると、比較的すんなり歯磨きをするようになります。ぜひ実践してみて下さい。

そして、出来るだけ小さいうちから歯ブラシに慣れることが必要なので、歯が生え始めたら、毛質の柔らかい歯ブラシで そっとなでるように磨いてあげて下さい。歯磨き粉は必要ありません。ここで痛い思いをすると、歯ブラシを嫌がる事が多いので注意が必要です。

子供の歯茎は大人よりも柔らかく、また痛みに対して敏感です。歯茎に歯ブラシが当たるだけで痛がる子供もいます。この時期の歯磨きは、歯ブラシに慣れることが目的なので、静かに優しく、歯に毛先が触れる程度で構いません。痛がったらすぐにやめて、もっと優しく力を抜いてやり直しましょう。 

歯ブラシを嫌がるようなら、ガーゼを指に巻いて歯の表面をぬぐって下さい。ガーゼに慣れてきたら徐々に歯ブラシを使用していきます。歯が生えて来たばかりの歯茎は、触ると痛みを感じやすく、傷も付きやすいので、特に注意が必要です。



スポンサーサイト

| 1歳ごろまで | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。