歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

治療ができる時期




妊娠4か月を過ぎてから、8か月までの安定期に行うのが、最も安全です。この安定期には、麻酔やレントゲンも、問題なく出来るのですが、かかりつけの産婦人科の先生にお話して、了解を得てからの方が安心して治療が受けられると思います。

妊娠初期や後期、つわりのある時期、体調の優れない時の治療は、避けて下さい。

歯科治療は、何をされているのか分からないと言った不安感や、緊張感、恐怖心を持って診療を受ける人がほとんどです。診療台も寝かせたり、起したりと、体にも負担がかかります。治療の内容よりも、心理的な動揺の方が影響します。少しでも心配な事、気になる事、分からない事は、受付や衛生士に必ずお話して下さいね。

赤ちゃんを出産すると治療に来るのが困難になります。安定期にあるうちに出来るだけ治療を済ませるのが良いでしょう。



  
スポンサーサイト

| 治療ができる時期 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。