歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

細かい溝にはシーラント

シーラント
            (嶋津歯科医院サイトより)

奥歯のかみ合わせには、食べた物をしっかりとすりつぶせるように凹凸があります。そのためへこんだところには細くて細かい溝が出来ています。この溝は歯ブラシの毛先が届かないためにプラークがたまってしまいます。乳歯や生えて来たばかりの永久歯は歯質が弱いために、これらの溝から虫歯になる事が多いです。

この溝にお薬を流し固めてプラークがたまらない様にする処置を「シーラント」と言います。特殊な樹脂材で、フッ素が配合されているので、歯質も丈夫になります。溝を埋める事で、プラークも取りやすくなり、ブラッシングもやりやすくなります。

シーラントをする時には歯を削ったりしないので、乳歯の奥歯が生えてきて咬み合わせの面が全部見えたら歯科医院での処置が可能です。シーラントは一度に何本でも出来ますが、お子さんの集中力にもよりますので、2回~4回ぐらいに分けてするのが望ましいです。虫歯になってしまうとシーラントは保険での処置が出来ませんので、早めに検診をして処置する事が大切です。

またシーラントは、1回塗っただけで終わりではなく、お薬を貼りつけているので、剥がれてしまう事があります。
年に3~4回の検診をすることで剥がれた部位を確認して修復しましょう。

シーラントは咬み合わせの溝に流すのですが、塗りすぎると咬み合わせが高くなる事があります。歯科医院できちんと咬み合わせを調整しているかどうかを確認し、またシーラントをしてから1~2日はお家でも痛がる様子はないか、咬み方に違和感がないか等注意して見てあげて下さい。
スポンサーサイト

| 細かい溝にはシーラント | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キシリトール





キシリトールはイチゴやラズベリー、ホウレンソウやカリフワーなど、果物や野菜の中に含まれる甘味料です。人間の体の中にも存在していて、肝臓で1日に15グラム位産生しています。甘味料として使用されているキシリトールは、白樺や樫の樹などからとれる「キシランヘミセルロース」と言う成分から人工的に作られています。

キシリトールには虫歯の予防にとても役立ちます。どの様な効果があるのかを説明したいと思います。

>> Read More

| キシリトール | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リカルデント




リカルデントとは、再石灰化を助ける牛乳由来の成分です。「CPP-ACP」という成分がその力を発揮します。ACPと言うのは非結晶性のリン酸カルシウムの事で、CPPとはカゼインホスホペプチドといって、ACPをエナメル質内に連れて来る役割をしてくれます。

歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。脱灰とは、お口の中の酸によって歯の表層にあるエナメル質からカルシウムやリン酸などの歯質を作る成分が溶け出てしまうことです。再石灰化は、これらの成分を補い修復する事です。歯は、常にこの様なサイクルを繰り返しています。歯質を補う事が出来なくなるほど、たくさんの成分が溶けてしまった所が虫歯になります。

ACPはエナメル質の表層下に直接浸透する事ができCPPの働きによって脱灰部分に効率よく働くと言われています。また口腔内はリン酸カルシウムが過飽和の状態になり、それが歯面の表層を覆います。脱灰部分の再石灰化を促すとともに、脱灰を抑える働きもしてくれます。

リカルデントの入っている製品には、ガムや「MIペースト」と言う歯面に塗って使う物があります。リカルデントは、フッ素を使用してから使うと優れた効果が発揮されます。リカルデントは、牛乳にアレルギーのある方は使用しないで下さい。


| リカルデント | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ポスカム




ポスカムは江崎グリコが独自に精製したPOs-Ca(リン酸化オリゴ糖カルシウム)と言う成分が、お口の中のリン酸とカルシウムの濃度を上昇させます。POs-Caはジャガイモのでんぷんから精製したオリゴ糖から作られています。(POs-Caは「ポスカ」と読みます)

ポスカは唾液中でよく溶ける為、エナメル質の脱灰(酸により歯質が溶けること)部分に歯質の成分であるリン酸やカルシウムを効率よく補給して再石灰化(溶けた歯質のカルシウムなどを補う事)を促してくれます。

その他にポスカの特徴は、虫歯菌のえさにならない事や、プラークの形成を抑えたり、酸性になったお口の中のPHを上昇させる緩衝作用もあるため、虫歯になりにくいお口の中へと調整する働きがあります。

ポスカは「ポスカム」と言う商品名で歯科医院で買う事が出来ます。



| ポスカム | 08:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。