歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1歳ごろまで

                                    

     018079.jpg
                   

子供は大人のまねをしたがるので、まだ歯が生える前から、お母さんが歯を磨く所を見せていると、比較的すんなり歯磨きをするようになります。ぜひ実践してみて下さい。

そして、出来るだけ小さいうちから歯ブラシに慣れることが必要なので、歯が生え始めたら、毛質の柔らかい歯ブラシで そっとなでるように磨いてあげて下さい。歯磨き粉は必要ありません。ここで痛い思いをすると、歯ブラシを嫌がる事が多いので注意が必要です。

子供の歯茎は大人よりも柔らかく、また痛みに対して敏感です。歯茎に歯ブラシが当たるだけで痛がる子供もいます。この時期の歯磨きは、歯ブラシに慣れることが目的なので、静かに優しく、歯に毛先が触れる程度で構いません。痛がったらすぐにやめて、もっと優しく力を抜いてやり直しましょう。 

歯ブラシを嫌がるようなら、ガーゼを指に巻いて歯の表面をぬぐって下さい。ガーゼに慣れてきたら徐々に歯ブラシを使用していきます。歯が生えて来たばかりの歯茎は、触ると痛みを感じやすく、傷も付きやすいので、特に注意が必要です。



スポンサーサイト

| 1歳ごろまで | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1~2歳ごろまで

  
歯ブラシが自分で持てるようになったら、出来るだけ自分で磨く様に促して下さい。ある程度磨いたら、大人が「仕上げ磨き」をしてあげます。下記の映像を見て下さい。 

  


この映像の様に、膝の上に子供の頭をのせて、上から覗きこみながらブラッシングするとやりやすいです。この寝かせ磨きは、お口の中がしっかり見えるのと、両手が使えるので最も上手にできる態勢です。もしお子さんが動くようなら、両膝の間に頭を入れて膝で挟んで動かないようにします。
   
歯ブラシの毛先が、奥歯までしっかり届いているか確認しながら行います。歯ブラシは大きく動かしてはいけません。1本ずつ、小刻みに優しく磨きます。歯ブラシを押し付けてはいけません。唇やほっぺたを片手でよけながら磨きましょう。歯ブラシは、鉛筆を持つのと同じように持ち、1個所をできれば10~20回ほど磨きます。
   
歯茎に毛先が当たると痛がります。特に上の歯の唇の下やほっぺた側の歯茎は痛みを感じやすい所です。ここに指を置いてから歯ブラシを当てた方が安全です。力を抜いてソフトタッチを心掛けて下さい。痛がったらすぐに止めてやりなおしましょう。

寝かせ磨きができなければ、無理する事は無いので、ご自分とお子さんのやりやすい態勢でかまいません。少しづつできるようになります。この時期は、歯磨きにを嫌がらずに、慣れる事が大切です。お子さんが自分で歯ブラシする様になったら、積極的に歯ブラシを持たせて上げましょう。

仕上げ磨きのポイントは、「痛くなように磨く事」。痛がったらすぐに止めて、力を抜いて、歯ブラシが歯茎に当たっていないかきちんと確認して下さい。

   

| 1~2歳ごろまで | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

虫歯になりやすい所

子供の歯の、虫歯になりやすい場所があるので、ここを覚えていて下さい。

   ①奥歯のかみ合わせ
   ②上の前歯の、調度唇の下にくる部分。
   ③歯と歯の間

   ①は、歯の表面に深い溝や細かい溝があるので、ここに汚れが
     たまります。
   ②は、唇が邪魔になり良く磨けない事、唾液の流れや唇の動きが
     少ないため 汚れがくっついたままになりやすい等の理由が
     あります。
   ③は歯ブラシの毛先が届かない事や、汚れや食べかすが挟まり
     やすい事が上げられます。

ほっぺたや唇の下は、頬や唇を指でしっかりよけてから歯ブラシを当てます。特に注意が必要なのは、上の一番前の歯と歯の間に、歯茎と唇がつながっている部分があります。これを上唇小帯(じょうしんしょうたい)と言います。

  小帯②
   
ここに歯ブラシが当たるととても痛いです。片方の手の指を、唇をよけながら前歯の歯茎に当てて、歯ブラシが当たらない様にしっかりガードして磨きます。 

①小帯
 

歯と歯の間は、フロス(糸ようじ)を通すのが良いのですが、まだ出来るほどに成長していないので、無理にする必要はありません。うがいが出来るようになり、奥歯が生えて来てからで構いません。上の前歯の歯の間は、特に虫歯になりやすいです。ここはフロスもかけやすいので、フロスはここから練習するのが良いでしょう。
   
仕上げ磨きに使う歯ブラシは、柄が長めで毛先の柔らかく、ヘッド(毛が植わっている所)の小さい物がお勧めです。痛がらなければ、毛質はふつうの歯ブラシでも大丈夫です。下の写真のような歯ブラシが磨きやすいです。

  歯ブラシ子供


下記の歯ブラシはこの時期の、私がお勧めするお子さん用の歯ブラシの見本です。握りやすく、ヘッドも小さく平らな物が良いです。全体の長さは短めで、手の大きさに合ったものを選びます。喉をついたりしない用に注意してください。毛質はお子さんの様子を見て選びましょう。痛がるようなら柔らかめの毛質を選びます。また、歯肉を良く見て擦り傷が無いかを確認して上げて下さい。

  
   子供用歯ブラシデントEX

| 虫歯になりやすい所 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

歯磨きを楽しくする工夫

仕上げ磨き

 お子さんが歯磨きを楽しく行える工夫をしてあげましょう。

子供が歯磨き、特に仕上げ磨きを嫌がる理由は、「痛い」場合が
ほとんどです。1度痛い思いをすると、子供は恐怖心も重なって
なかなかお口を開けてくれません。

嫌がる子供にムリヤリ歯磨きをさせるのも、問題があります。
けれども仕上げ磨きをする場合と、しない場合とでは、虫歯に
なる確率に格段の差があります。

ここでは、お子さんをすんなり歯磨きをするように誘導する方法
をいくつか紹介します。


>> Read More

| 歯磨きを楽しくする工夫 | 14:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

うがいが出来るようになったら

   

マリ サマーハウスでブクブク

2歳ぐらいになると、自分でうがいが出来るようになります。ここで言ううがいとは、喉のうがいではなく、お口の中をゆすぐ「ぶくぶくぺー」のうがいです。うがいができるようになったら、歯磨き粉を使っても良いでしょう。
 
歯磨き粉は、フッ素やキシリトール配合の物をおすすめします。歯医者さんやドラッグストア、スーパー等で市販されています。フッ素入りの歯磨き粉は、フッ素の濃度が記されているので、6歳臼歯が生えて来るまでは、「500ppm」以下を使って下さい。

最初は自分で磨いてもらい、その後に必ず仕上げ磨きをします。歯磨き粉は、ごく少量、コメ粒大~あずき大位を目安にします。自分で磨く時につけても良いですし、仕上げ磨きの時に使っても大丈夫です。
 
歯磨き粉を使う主な理由は、着色をとってくれること。歯磨き粉が歯の汚れ(プラーク)取るわけではないので、必ずブラッシングでこすり取って下さい。たくさんつけない理由は、長時間磨けるようにするためです。
 
歯磨き粉は、子供用に美味しい味がついているので、歯磨き粉をつけるようになってから積極的に磨く様になる子供もいます。上手に利用して下さい。  
 
Check-Up kodomo チェックアップこども 60g フッ素+キシリトール ストロベリーCheck-Up kodomo チェックアップこども 60g フッ素+キシリトール ストロベリー
()
ライオン歯科材株式会社

商品詳細を見る



また、仕上げ磨きの時に、フッ素のジェルやフォーム、洗口液(うがい薬)を歯ブラシにつけるのもおすすめします。ジェルやフォームはドラッグストア等で買うことが出来ます。(濃度は500ppm以下)洗口液は、歯医者さんで処方してもらって下さい。

フッ素の効果が大きいのは、歯磨き粉よりもフッ素のジェルや洗口液です。歯磨き粉は歯ブラシをした後にうがいで流してしまうので、お口の中に残るフッ素の量は少なくなります。歯磨き粉との併用が効果を高めます。フッ素をつけた後は、うがいは「ぶくぶくぺー」を1~2回で止めます。その後、30分~1時間は飲食しないようにします。
 
 
Check-Up gel チェックアップジェル 60g フッ素+キシリトール バナナCheck-Up gel チェックアップジェル 60g フッ素+キシリトール バナナ
()
ライオン歯科材株式会社

商品詳細を見る


 

>> Read More

| うがいが出来るようになったら | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。