歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

歯科医院の混む時間、すいてる時間




歯医者さんで一番混む日は休日・祝日の次の日です。理由は急患さんが増えるからです。休みの日にかぎって詰め物が取れたり、歯茎が腫れたり酷い痛みが出るなどの症状が出てしまう事が多いようで、診療開始時間のずっと前から待たれている患者さんもいます。

次に混むのが土曜日です。土曜日しか来られない患者さんもたくさんいる事と、休みの前日と言う理由も重なっていつでも患者さんでいっぱいです。

特に混む時間は午前中と午後の5時以降。すいている時間は残念ながらほとんどありませんが、午後の3時から4時半ごろまでは比較的患者さんが少ない時間帯です。

穴場なのは、木曜日が休診日の歯医者さんで、祝日のある週の木曜日です。祝日のある週はだいたい木曜日は診療日にしていますが、患者さんは予約していても忘れてしまったり、今日は休診日だったと勘違いして来院しない人が何人かいます。急患さんもあまり来ないので、普段よりも時間通りに診てもらえます。

何曜日でも、待たずに診てもらうには診療開始時間に予約を取るのが良いです。予約を取らずに行った場合は、待ち時間が長引く事を了解してして下さい。

歯医者さんで予約をとっても、予約通りに診療してもらえない事が多いと思います。これは急患さんが来られたり、予定していた治療が長引いたり、予定の治療内容が変更になったりして、治療時間が長引いてしまうからです。例えば虫歯の治療の予定だった患者さんが、歯を抜かなければならなくなった、等です。急患さんも毎日何人も来るので、どうしても時間通りに診療できない事が多くなります。

しっかりした歯医者さんでは、診療時間がずれ込んでいる事を事前に説明して、およその待ち時間を教えてくれます。また毎回同じ患者さんが長時間待たない様に気を配るようにしています。



スポンサーサイト

| 歯科医院の混む時間、すいてる時間 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。