歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

歯科衛生士のお給料は?ボーナスは?





歯科衛生士のお給料は、都道府県によって大きく変わります。同じ歯科衛生士なのに、どうしてこんなに違うのか驚くばかり。私の住んでいる所では、県の歯科医師会が衛生士の給料を抑えているので稼げないという噂までながれています。確かにパートの時給を見ても、医療現場で特殊な技術を使っている国家資格をもつ職種なのにも関わらず、居酒屋のバイトと200円しか違わないなんて現実があります。

また勤める歯科医院によっても大きな差があります。とても困るのが、面接の時に給料の額面を提示しない所が多い事です。働き始めて、その衛生士がどれだけ使えるかを確認して、それに見合った給料に決めるのです。生活がかかっているのに不思議でなりません。面接の時には自分からお給料について質問することをお勧めします。

歯科衛生士の全国平均で見るおおよその給料ですが年収は335万円、月収は24~5万円となっています。資格手当も1万円~5万円位と地域や歯科医院により差があります。賞与は大体夏は1カ月分、冬は2~3か月分といったところでしょうか。賞与は、雇い主側が払わなければいけないと言う義務はないので、これに関しても歯科医院の経営者によってまちまちだと思います。

歯科衛生士の仕事は拘束時間が長く、朝は8時半位から夜は7~8時頃までかかります。そのために結婚して子供が出来ると辞めざるを得ないのが現実です。やっと使えるように育った衛生士が、これからというところで辞めてしまうので、歯科医院側としても悩むところです。

関連記事

| 歯科衛生士の打ち明け話 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://teeth20.blog.fc2.com/tb.php/65-809dfc7c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。