歯科衛生士が解説する歯医者さん入門講座

ベテラン歯科衛生士が虫歯や口腔衛生等についてアドバイスします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

リカルデント




リカルデントとは、再石灰化を助ける牛乳由来の成分です。「CPP-ACP」という成分がその力を発揮します。ACPと言うのは非結晶性のリン酸カルシウムの事で、CPPとはカゼインホスホペプチドといって、ACPをエナメル質内に連れて来る役割をしてくれます。

歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。脱灰とは、お口の中の酸によって歯の表層にあるエナメル質からカルシウムやリン酸などの歯質を作る成分が溶け出てしまうことです。再石灰化は、これらの成分を補い修復する事です。歯は、常にこの様なサイクルを繰り返しています。歯質を補う事が出来なくなるほど、たくさんの成分が溶けてしまった所が虫歯になります。

ACPはエナメル質の表層下に直接浸透する事ができCPPの働きによって脱灰部分に効率よく働くと言われています。また口腔内はリン酸カルシウムが過飽和の状態になり、それが歯面の表層を覆います。脱灰部分の再石灰化を促すとともに、脱灰を抑える働きもしてくれます。

リカルデントの入っている製品には、ガムや「MIペースト」と言う歯面に塗って使う物があります。リカルデントは、フッ素を使用してから使うと優れた効果が発揮されます。リカルデントは、牛乳にアレルギーのある方は使用しないで下さい。


| リカルデント | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://teeth20.blog.fc2.com/tb.php/85-aae7eaa7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。